私はピアノが大好きで17歳の頃習いに行ったのですが生徒は幼稚園児〜小学低学年の子供達ばかりでした私が習うのは別に遅過ぎる訳ではないのは分かっていましたでもやはり気が引けるのですすぐ止めてしまいました今思うと残念だと思いますそれでも今でもピアノは好きですオルガンである程度は引けるのですがピアノが好きです息子も今頃ピアノを習いに行きたいと言っています私はショパンやモーツァルトが好きですでも断念してしまいましたが大好きな曲を自分で引けるのはとても素敵な事だと思います息子がまだ小さい頃ピアノを習わせ様かと思いましたが自分が出来なかったからと息子に押し付けて良いものなのかと思い習わせませんでしたところが息子がどうして習わせなかったのと言っています遅いからではなく始めたいと思った時に始めれば良いのだと思う様になりました親子で習いに行けば良かったと思っていますでも息子は小学生の頃地元の野球のリトルリーグに入っていましたその上ピアノまではと私は思っていました私は落合恵子さんの大ファンですが何かを始めるのに遅過ぎるという時はないという詩があります本当にその通りだと思います